横浜・港の見える丘公園内にある、大佛次郎記念館の最新情報


by 大佛次郎記念館
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
 7月28日から8月18日まで開催される大佛次郎記念館読書会の申込は、本日が受付最終日(必着)です。FAX045-622-5071 Eメールosaragi-oubo@yaf.or.jp(応募専用アドレス) にてお早めにお申込ください。
 なお、抽選結果は7月20日(火)頃までに申込の方全員にご連絡します。

読書会『終戦日記』を読む 詳しくはこちら

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
# by ojmm | 2010-07-15 09:23 | イベント
 国民読書年にちなみ、文春文庫『終戦日記』をテキストに用いて読書会を開催します。7月15日まで、参加者を募集中です。

◆日時 7月28日、8月4日、11日、18日 水曜日全4回 10:30~12:00
◆会場 大佛次郎記念館 会議室
◆参加費 2,000円(テキスト代別)
◆テキスト 文春文庫『終戦日記』
※テキストをお持ちの方は受講日にご持参ください。
※申込時にテキスト購入を希望され、受講が決まった方には、受講案内とともにテキストをお送りします。参加費とともにテキスト代(990円)をお支払ください。
◆対象 中学生以上
◆講師 内海孝(東京外国語大学教授、大佛次郎記念館研究員)
◆申込 はがき、FAX、Eメールのいずれかに次の項目を記入してご送付ください。
①講座名 ②テキスト購入希望有無 ③住所 ④氏名 ⑤年齢 ⑥電話番号 ⑦Eメールアドレス
◆宛先 〒231-0862 横浜市中区山手町113
     大佛次郎記念館「読書会」係
     FAX045-622-5071
     応募専用アドレスosaragi-oubo@yaf.or.jp
◆応募締切 7月15日(木)必着
◆定員 20名(応募者多数の場合抽選)

【講師からのメッセージ】b0134195_14391189.jpg作家の大佛次郎はどういうわけか、1944(昭和19)年9月10日から、その翌年10月10日まで、日記をつけた。この太平洋戦争前後の時期を、どのような眼でみつめ、みずからの生きかたを模索しつづけていたのであろうか。テキストの『日記』をたんねんに読みすすめることで、作家の生活と内面を考えてみたい。
(画像は大佛次郎の日記より 1945年8月14~15日の部分)

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
# by ojmm | 2010-06-23 14:49 | イベント
 スポット展示「大佛次郎と宮地佐一郎の交流をめぐって」を、6月27日(日)まで開催しています。
 大佛次郎と宮地佐一郎との往復書簡や、『天皇の世紀』第852回原稿(坂本龍馬について記された箇所)など、どうぞお見逃しなく。
 詳しくは こちら

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
# by ojmm | 2010-06-23 11:43 | トピックス
b0134195_17324281.jpg 7月25日(日)まで、ミニ展示「包囲されたパリ 1870-1870年:風刺画から見る市民の食」を開催中です。
 大佛次郎は『パリ燃ゆ』執筆にあたり大量の史料とともに当時の風刺画を取り寄せ、フランス社会のイメージを探りました。
 普仏戦争時の市民生活を描いた当館所蔵風刺画の中から、「食」をテーマにした15点を展示紹介しています。
(写真はドラネの版画集『包囲されたパリ』の表紙画)
 

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
# by ojmm | 2010-06-22 17:37 | トピックス
b0134195_11224721.jpg
 去る6月5日、神奈川近代文学館ホールで大佛次郎記念館文化講座「大佛次郎のフランス旅行日誌から見たフランス地方料理」が開催されました。
 講師の廣田功さん(日仏会館常務理事・帝京大学教授)は、大佛次郎のフランスにおける足跡を辿りながら、食した料理を映像を交えて紹介し、その成り立ちと歴史について語りました。

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
# by ojmm | 2010-06-22 11:23 | イベント