横浜・港の見える丘公園内にある、大佛次郎記念館の最新情報


by 大佛次郎記念館
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
8月16日と17日に開催した子どもアドベンチャーの様子です。
まず最初は、ロビーで小説家・大佛次郎について学びました。
b0134195_10435257.jpg
大佛次郎の写真パネルを見ながら説明を聞いてもらいました。
b0134195_10451169.jpg
その後、2階サロンへ移動し「白猫白吉」の朗読を聞きました。みなさん、熱心に聞いてくれました。
b0134195_10435695.jpg
その後、会議室に移動し、説明を受け・・・いよいよ感想画を描き始めます。
b0134195_10444140.jpg
b0134195_10481706.jpg
b0134195_12073683.jpg
b0134195_12052064.jpg

感想画を描くための時間は30分と短いのですが、クレパスや折り紙、毛糸を使って一生懸命に描いてくれました。
保護者のみなさんにはこの時間を利用して、テーマ展示Ⅱ「I Love スポーツ。大佛次郎~スポーツマン作家 10のストーリー~」の展示解説をお楽しみいただきました。
b0134195_12105913.jpg

b0134195_10452574.jpg
最後は、サロンに戻り感想画を披露します。
b0134195_10485330.jpg
b0134195_10482785.jpg
b0134195_10450441.jpg
どの作品にも、白吉が活き活きと描かれていました。今回の作品は、8月26日までの間サロンで展示しました。
b0134195_11032616.jpg
ご参加してくださったみなさん、ありがとうございました。また来年もお待ちしています!



[PR]
# by ojmm | 2018-09-01 09:11 | イベント
大佛次郎の愛した横浜の町は、様々なスポーツ発祥の地でもあります。今回「I Love スポーツ。大佛次郎~スポーツマン作家10のストーリー~」展の中でも、紹介しているラグビー、テニスをはじめとして、サッカー、スキー、競馬、ボウリングなどなど…(諸説あります。)
今回、「山手&根岸ウォーキング」は、スポーツ発祥の地「横浜」の中から特に山手と根岸をめぐりつつ、大佛作品の中で描かれた「スポーツ」も紹介するというスポーツと文化の融合したイベントです。
参加者募集は、9月1日(土)23:59までです。まだ、間に合いますので、ふるってご応募ください!


[PR]
# by ojmm | 2018-08-27 16:50 | イベント
b0134195_14320123.jpg
大佛次郎記念館ショップでは、大佛次郎の著作や関連書籍、猫を中心としたグッズなど約160点の商品を販売しています。
今まで、suicaでのお支払は入館料のみの対応でしたが、このほどショップ商品の購入時にもsuica支払(交通系のみ)が可能になりました。
ご購入の際には、お気軽にお申し付けください!
b0134195_14320964.jpg


[PR]
# by ojmm | 2018-08-23 14:34 | トピックス
ホテルニューグランドの探訪中、2階ロビーでぜひ紹介したいスポットがありましたので、追加で紹介します!
ロビーには創業当時からのアンティークの椅子”キングスチェア”が置かれています。
b0134195_13372644.jpg
椅子はいくつかの種類がありますから、一点ずつ見比べながら、ロビーをめぐるのも楽しい!
b0134195_13373386.jpg
座面は、張替えられていますが、
b0134195_13381298.jpg
数々の"キングスチェア"の中でも、特に注目していただきたい椅子がこちら。

b0134195_13442560.jpg
ひじ掛けに御年90歳の天使さまがいるのです。ニューグランドのスタッフの方によると、そうっと撫でると幸せが訪れるかも・・・という幸運の天使なのだそう。
もしかして大佛次郎もこのお顔を撫でたかも・・・。そんなことを想像しながらそっと触らせていただきました。





[PR]
# by ojmm | 2018-08-21 10:38 | トピックス
スタッフのホテルニューグランド探訪もいよいよ最後。普段は宴会や結婚式などでご利用の方以外は入ることのできない本館2階の「フェニックスルーム」と「レインボーホール」を拝見しました。いずれのお部屋も、「横浜市認定歴史的建造物」と「近代化産業遺産」に認定されているのだそうです。まずは、「フェニックスルーム」から。
b0134195_11370911.jpg
灯籠のようなシャンデリアが、エキゾチックな雰囲気を掻き立てます。こちらは開業当時はメインダイニングとして、後にはダンスパーティーの会場などにも利用されたお部屋だそうです。滞在客のほとんどが外国人という中で、日本らしさを感じられる意匠をと寺社仏閣などの雰囲気を取り入れてデザインされたものです。

b0134195_11371469.jpg
御簾の奥の空間は、バンドマンたちが演奏するための空間だったのだとか。往時のダンスパーティーを覗いてみたい気持ちになりました。

続いて、「レインボーホール」です。こちらは、舞踏室として作られたお部屋で部屋の奥には舞台も設えられています。現在は結婚式や宴会の会場としてよく利用されているお部屋です。

お部屋はもちろん素敵なのですが、目が釘づけになった場所は天井でした。
b0134195_12112210.jpg
こちらの装飾は漆喰細工なのだそうですが、こんなに細かい細工ができるとはにわかに信じがたいです。現代では、同じものを復元することが難しいそうで、改修の際には天井から慎重に外して保管しまた同じ位置に戻すというかなりの苦労があったそうです。
皆さまにレインボーホールに機会がありましたら、まず上をご覧くださいね。必見ですよ!

細部までこだわりの意匠のホテルニューグランド。建物の魅力だけでなく、長時間にわたって丁寧に説明をしてくださったホテルスタッフのみなさんのホスピタリティにも、魅了されました。
次に来るときは、滞在客になりたい!と、思います。

「フェニックスルーム」と「レインボーホール」の全体像は、360°パノラマ写真でホテルニューグランド公式ホームページからご覧いただけます。




[PR]
# by ojmm | 2018-08-08 13:25 | トピックス