横浜・港の見える丘公園内にある、大佛次郎記念館の最新情報


by 大佛次郎記念館
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2月12日より木戸孝允の漢詩の軸に代わり、後藤象二郎(1838-1897)の書を展示しました。
b0134195_16191644.jpg
後藤象二郎は、先日館内上映したテレビ映画≪天皇の世紀≫第16話「大政奉還」にも登場しました。龍馬の「船中八策」を土佐藩の前藩主の山内容堂に伝え、龍馬と共に大政奉還に尽くした人物です。

この掛け軸は、盛唐の詩人、儲光羲(ちょ・こうぎ)の漢詩「寄孫山人」(孫山人に寄す)を書にしたものです。
*山人とは書家等の文人につける言葉です。

# by ojmm | 2019-02-14 17:30 | 展示

矢橋六郎のモザイク作品

b0134195_15164593.jpg
大佛次郎記念館のロビーには、モザイクタイルがしきつめられているのをご存知でしょうか?
こちらは、矢橋六郎(1905-1988 )の作品です。
b0134195_15154252.jpg
矢橋六郎は、モダンアート協会創設時の会員として知られる作家ですが、モザイク画も多く手がけました。

先日、第45回大佛次郎賞の贈呈式が、帝国ホテルで開催されましたが、実はこの帝国ホテルの中にも矢橋六郎のモザイク壁画があるのです。「春の旭日」という題の作品です。
b0134195_15124502.jpg
全国には、まだまだ矢橋六郎の作品が残っています。
出身地である岐阜県大垣市では、作品の調査も進めており、全国のモザイク作品の一覧表も載せているので、これを頼りに作品巡りしてみるのも楽しそうです。

矢橋六郎氏のモザイク作品一覧表(大垣市のサイト)

朝日新聞の愛知県地方版には、こんな記事もありました。



# by ojmm | 2019-02-11 12:08 | トピックス
今朝の港の見える丘公園は、雪景色からのスタートでした。手前の葉っぱには、昨夜の雪が少し残っています。
b0134195_16403448.jpg
イギリス館の屋根にも、少し雪が積もっているのが分かります。
b0134195_16404594.jpg
この後、アラレに近い細かい雪が横殴りに降りました。
続いて、開館時の大佛次郎記念館です。
b0134195_16405394.jpg
目に見えて雪が増えました。

b0134195_16411098.jpg
111番館の方も、全体に白っぽくなっています。
このまま降り積もるのかな・・・と思っていましたが、昼頃はいったん雪が止み、一度は雪も見当たらなくなりました。・・・が、

b0134195_16411903.jpg
16時近くになって今度はボタン雪が降ってきました。記念館のデジカメでは、なかなか捉えられませんが、少しずつ積もり始めている様子です。
b0134195_16414913.jpg
そして間もなく閉館の時間。現在の公園の様子です。
b0134195_17022577.jpg
b0134195_17023156.jpg
b0134195_17024790.jpg
なんだか、猫も寒そうに背中を丸めているような気がします。
明日の朝は、どんな様子になっているのか、ハラハラドキドキの記念館スタッフです。

b0134195_16513606.jpg
(おまけ)ちなみに、こちらは昨年の雪の様子です。この時は、雪かき隊が出動しました。



# by ojmm | 2019-02-09 17:03 | 季節のたより
b0134195_16175607.jpg
大佛次郎×ねこ写真展2019では、「大佛次郎が愛した猫たち」と題して、大佛次郎自身が撮影したねこ写真や、大佛夫妻とねこたちの写真も展示します。
「猫のいる日々」に収録されている大佛次郎のねこ愛あふれる文章の一部も、一緒にお楽しみいただけます!

大佛次郎×ねこ写真展2019

【会  期】 2019年2月26日(火)〜4月14日(日)

【開館時間】 2月・3月 10:00〜17:00(最終入館16:30)   4月  10:00〜17:30(最終入館17:00)

【休  館】 毎週月曜日(祝休日の場合は翌平日)、3月25日(月)〜4月2日(火)

       ※ただし、3月28日(木)〜3月31日(日)の期間は1階のみ開館し「大佛次郎×ねこ写真展2019」はご観覧いただけます。(この期間のみ入館料はかかりません)

【会  場】 大佛次郎記念館 会議室

【料金(入館料)】 高校生以上200円(150円) 中学生以下無料

          ※( )内は20名以上の団体割引料金

          ※横浜市在住の65歳以上の方は無料(濱ともカードなどをご提示ください)

          ※障がい手帳をお持ちの方と付添いの方1名は無料(手帳をご提示ください)

          ※毎月23日(市民読書の日)と第2、第4土曜日は高校生無料

【主  催】 大佛次郎記念館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)

【協  力】 ジャパンクリエイト株式会社

【協  賛】 美濃屋あられ製造本舗 横濱元町霧笛楼 株式会社ポンパドウル 株式会社ホテルニューグランド


# by ojmm | 2019-02-03 16:34 | 展示
1月26日(土)〜2月3日(日)の期間、月曜日の休館日を除き、毎日13時よりテレビ映画≪天皇の世紀≫第16話「大政奉還」を上映をしています。

第16話テレビ映画≪天皇の世紀≫は、第1部はドラマ仕立て、第2部はドキュメンタリー仕立てとなっており、第2部は、1973年度に第11回ギャラクシー賞、1974年度に第14回日本放送作家協会賞を受賞した傑作です。

この16話「大政奉還」は、後半の大きな山場でもあり、伊丹十三は脚本を手がけただけでなく、自身が大政奉還のキーマンである徳川慶喜を演じています。
ドキュメンタリー制作者として伊丹十三がたずさわった「天皇の世紀」って、一体どんな番組だろう・・・と思う方は百聞は一見に如かずです。
ぜひ、大佛次郎記念館に来てご鑑賞ください!

【上映日時】 1/26(土)〜2/3(日)  13:00〜(約30分)
【上映場所】 大佛次郎記念館1階ロビー
【料 金】  入館料のみ200円
【上映内容】 テレビ映画≪天皇の世紀≫  第2部 ドキュメンタリー 第16話 「大政奉還」
       監 督 :大熊邦也           脚 本 :岩間芳樹・伊丹十三  
     アナウンサー:三國一朗       実況アナウンサー:植草貞夫
  キャスト・坂本龍馬:中尾彬           大久保一蔵:戸浦六宏
      後藤象二郎:渡辺文雄           徳川慶喜:伊丹十三
       制 作 :朝日放送・国際放映


ちなみに、テレビ映画≪天皇の世紀≫に関する過去のレビューも発見しました。こちらを読むと、大佛次郎と伊丹十三の関係が分かり、さらに別の回のお話も見たくなると思います。



# by ojmm | 2019-01-28 11:04 | 展示