人気ブログランキング |

横浜・港の見える丘公園内にある、大佛次郎記念館の最新情報


by 大佛次郎記念館
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:トピックス( 232 )

6月15日(土)14:00開催の講演会「キク・ヤマタの生涯と作品」(講師:マチュー・セゲラ/歴史家)ですが、本日の予約で、予定数に達たため、今後ご予約は承ることができません。

予約をしておらず当日ご来場をお考えのお客様には誠に申し訳ありませんが、お席の準備ができかねるため、立ち見での聴講となる場合があります。

また、ご予約をお済ませのお客様でも、開演時間を過ぎての来館の場合には、お座席がない場合がございます。

何卒ご了承頂けますよう、お願い申し上げます。


by ojmm | 2019-06-11 15:14 | トピックス
横浜市営地下鉄の桜木町駅に、大佛次郎記念館を運営している公益財団法人横浜市芸術文化振興財団の施設紹介の電光掲示版がお目見えしました。
大佛次郎記念館の写真も、ばっちり出ています。
b0134195_14170713.jpg
この写真を見て、駅で電車を待つ人たちの心が和むと嬉しいですね。
b0134195_14170299.jpg
大佛次郎記念館のサロンで読書を楽しむ子どもたちの様子も電光掲示されています。
こちらの電光掲示板は、今年度いっぱい出ている予定です。横浜市営地下鉄桜木町駅をご利用の際には、探してみてください。

by ojmm | 2019-04-14 14:19 | トピックス
今年の大佛次郎記念館の桜は、意外にも長く咲いて楽しませてくれています。
ソメイヨシノより、後に咲く枝垂れ桜は、今まさに見ごろです。
b0134195_12200200.jpg
和室公開は、4月9日(火)、4月10日(水)、4月12日(金)の残り3日間の予定です。
ご来館お待ちしております。
b0134195_12194120.jpg

by ojmm | 2019-04-09 12:21 | トピックス

和服撮影の紹介

大佛次郎記念館では、和室・会議室を利用していない方でも、1時間単位で商用撮影が可能です。
先週末、和服の撮影が記念館でありました。
b0134195_11473512.jpg
商用撮影は、2階のサロンや、1階ロビーや階段、踊り場などでの撮影が可能です。
b0134195_10421976.jpg
濃緑の帯に、薄い緑の総刺繍のお着物は、新緑の頃にふさわしい装いで、美しさが際立っていました。
b0134195_11472919.jpg
そのほか、記念館の外観を使用した撮影も可能です。
商用撮影は1時間4,500円で承りますので、ご希望の方は大佛次郎記念館までご連絡ください。

by ojmm | 2019-03-28 10:53 | トピックス

和室利用者のご紹介

大佛次郎記念館の和室は、お茶会や句会などだけでなく、様々なイベントでご利用いただけます。
本日は「茶の間 今昔物語」と題した朗読会でのご利用がありました。
前半は、大佛次郎の猫にかんするエッセイ「隅の隠居」の話を朗読し、後半は紙芝居やBGMなどを用いてオリジナルのストーリーの朗読をされていました。
b0134195_18155814.jpg
出演者のみなさんは、和室に合わせて和装(ゆかた)をされており、華やかで和やかな会となったご様子でした。
明日も同じ内容で公演があります。


by ojmm | 2019-03-23 18:22 | トピックス
大佛次郎は、日本漢字能力検定協会からも"読めそうで読めない名前の偉人"と認定されているようです。記念館スタッフとしましては、嬉しいような…複雑な心持ちです。


その他にも漢字の豆知識には、意外と知らない漢字の「なるほど~」がいっぱいでした。



by ojmm | 2019-03-22 14:45 | トピックス

和室利用者の紹介

大佛次郎記念館には、約20畳の和室があります。主に、お茶会や句会などでのご利用が多いのですが、本日は雑誌に掲載するための着物撮影でのご利用がありました。
和室での撮影が中心ですが、その他に、サロンや階段、外観などを背景に撮影が進みました。
b0134195_18224203.jpg
記念館の赤いレンガ色に繊細な着物の色が映えて見えました。

b0134195_18223762.jpg
記念館スタッフも、美しい着物の婦人に視線が釘付けになってしまいました。
b0134195_18225198.jpg
こちらはサロンでの撮影の様子です。
b0134195_18224867.jpg
白い壁をバックに、淡いグリーン系の着物が、清楚で可憐でした。
大佛次郎記念館では、商用撮影でのご利用も承っております。ご興味のある方は、大佛次郎記念館にお電話にてお問い合わせください!


by ojmm | 2019-03-02 18:30 | トピックス

大佛次郎記念館では、天皇陛下御在位三十年を慶祝し、「天皇陛下御在位三十年記念式典」当日の2月24日(日)は、入館料を無料といたします。

現在開催中の「大佛次郎『天皇の世紀』1555回の軌跡 取材旅行から絶筆まで」をご覧いただけます。この機会にぜひご来館ください。


by ojmm | 2019-02-24 08:53 | トピックス

矢橋六郎のモザイク作品

b0134195_15164593.jpg
大佛次郎記念館のロビーには、モザイクタイルがしきつめられているのをご存知でしょうか?
こちらは、矢橋六郎(1905-1988 )の作品です。
b0134195_15154252.jpg
矢橋六郎は、モダンアート協会創設時の会員として知られる作家ですが、モザイク画も多く手がけました。

先日、第45回大佛次郎賞の贈呈式が、帝国ホテルで開催されましたが、実はこの帝国ホテルの中にも矢橋六郎のモザイク壁画があるのです。「春の旭日」という題の作品です。
b0134195_15124502.jpg
全国には、まだまだ矢橋六郎の作品が残っています。
出身地である岐阜県大垣市では、作品の調査も進めており、全国のモザイク作品の一覧表も載せているので、これを頼りに作品巡りしてみるのも楽しそうです。

矢橋六郎氏のモザイク作品一覧表(大垣市のサイト)

朝日新聞の愛知県地方版には、こんな記事もありました。



by ojmm | 2019-02-11 12:08 | トピックス
「それから押川春浪の冒険世界武侠世界が、小学生の僕に海賊退治や無人島の王様になる夢と一緒に吉岡弥次将軍の名前を教え、早慶戦を教えてくれた。」―大佛次郎の言葉です

ブックレット『I Love スポーツ スポーツエッセイ』の中の「早慶戦私議」を読むと分かるのですが、大佛次郎は熱狂的な六大学野球の早慶戦のファンでした。
その早慶戦を大佛少年に教えてくれたのが『冒険世界』と『武侠世界』などの押川春浪の雑誌だったのです。

また「早慶戦私議」に出てくる“吉岡弥次将軍”とは、NHK大河ドラマ≪いだてん~東京オリムピック噺~≫にも登場する「天狗倶楽部」の一員、吉岡信敬のこと。早稲田大学応援隊長を務めた人物で、軍人風の髯、鋭い眼つき、恐ろしく大きな声で、「虎髯弥次将軍」と呼ばれたバンカラの代名詞でもありました。

立派な髯と長髪がトレードマークなので、ドラマをご覧になっている方なら、あの人!と分かるかもしれません。
当館ブックレット『I Love スポーツ スポーツエッセイ』には、「早慶戦私議」のほかにも3篇のエッセイが収録されています。橋戸頑鉄や太田四州など、野球殿堂入りした人物と大佛次郎の交流も分かりますよ。
もしかすると、この後の≪いだてん≫にも、誰かが登場するかもしれませんね…?
b0134195_14562433.jpg


by ojmm | 2019-01-27 13:20 | トピックス