横浜・港の見える丘公園内にある、大佛次郎記念館の最新情報


by 大佛次郎記念館
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ:イベント( 147 )

クリスマス茶会の様子

12月16日(日)に、大佛次郎記念館が主催する「クリスマス茶会」を、和室で開催しました。
b0134195_12125262.jpg
今回のお茶会は「クリスマス」をテーマにしており、クリスマスホーリー(今回はアメリカヒイラギ)と、緑のクリスマスローズ、コットンフラワーがクリスマスらしく、赤い花入れに活けられ、

b0134195_12103948.jpg
クリスマスツリーの香炉も置かれ、床の間はすっかりクリスマスの設えとなっていました。
b0134195_12244482.jpg

お茶会の開始は10時30分だったのですが、開館の10時と同時に多くのご来場をいただきました。
今回使用した水指は大佛次郎記念館所蔵のガラス作家・岩田藤七によるガラスの水指で、こちらもクリスマスらしい風情を添えていました。
b0134195_12075778.jpg


b0134195_12123245.jpg
小さいお子様も、お抹茶とお菓子を楽しんでいる様子でした。
今回の茶会では、本牧の田園さんのご協賛で抹茶「京昔」を、お菓子は元町香炉庵さんがクリスマスにちなんで特別にお作りくださった「聖光」という銘のもが出ました。柚子の風味がかすかに漂う羊羹の中にクルミが隠れており、表面には粉雪をイメージした米粉の淡い白色の演出が素敵でした。
b0134195_12465057.jpg
11時と14時には、大佛次郎記念館の建物ミニ・ミニ・トークも開催され、お茶会だけでなく建物探訪もお楽しみいただきました。
ご来場くださったみなさまありがとうございました。

今回は記念館主催のお茶会でしたが、大佛次郎記念館の和室ではお茶会はもちろん、句会や、茶会、同窓会、セミナー、イベントなど多目的にお使いいただけます。
2/26〜4/14の期間は、和室のご利用半額キャンペーンも実施します。この機会にぜひ和室を使ってみてください!
和室・会議室の空き状況はこちらから




by ojmm | 2018-12-28 15:05 | イベント
「いまじねーしょんねこ2019」 大佛次郎作品からイメージされる猫の写真を今年も募集します!

「大佛次郎×ねこ写真展2019」の中のコーナー≪いまじねーしょんねこ2019≫の作品を募集中です。
応募作品はジャパンクリエイトでの選考の上、大佛次郎記念館「大佛次郎×ねこ写真展2019」で展示されます。ご応募は下記のFacebookページからお願いします。

今回のお題は、大佛次郎の現代小説「帰郷」の中のセリフです。「帰郷」は、戦後まもなくの日本を描いた作品です。登場人物のセリフを中心にセレクトしています。さて、どんな写真がぴったり来るでしょう?

① 「つくづくと、日本の春だなあと思う。とろりとして、この柔らかさは。」 P149 牛木
② 「いつ、どんな場所にいても、母親のことを考え始めると、ぬくめたミルクのように柔らかいものが、 胸にひろがって来るのを覚える。」 P175 伴子
③ 「生きていやがる!」 P185 雄吉
④ 「こう見えても、奥さん、僕ァ、これで、その、なんですよ。素晴らしい女性とランデ・ヴウに行く ところなんだ。」 P196 小野崎
⑤ 「そうですよ。あの町ですよ、昼寝しているように、いつも静かな・・・」 P200 小野崎
⑥ 「堪忍して下さいまし。私には出来ないことです。」 P221 伴子
⑦ 「でも、そこをなんとか・・・・・」 P270 俊樹
⑧ 「こうやって、ぼんやりしているのが好きなのだ」 京都に遊びに来たら、こうしているのが本当だろうと、問い返しているような明るい調子であった。 P294 恭吾
⑨ 「怒るならばよいのだ。泣くのはおかしい。」 P337 恭吾
⑩ 「お似合いになるわ。ほんとうに、おきれい!」 P367 伴子
⑪ 「やはり、私のことを憎んでらっしゃるんですわ」P376 左衛子
⑫ 「気がついてみたら、まったく自分のためだけに、今日まで生きて来たのだ。」 P409 恭吾
⑬ 「子供のことを考えていると、心がきれいになるものだ。親とは、そういうものなのだな。」 P419 恭吾
⑭ 「とうとう、私、まいりました」 P415 左衛子
⑮ 「覚悟はしてまいりました。お気のすむようになさって下さいまし。」 P420 左衛子
⑯ 「運だけね」「そうです。運だけだ」 P428 左衛子、恭吾

以上16個のお題の中から、ぴたっと来るねこ写真を選りすぐって、ご応募くださいね!
締切は2019年1月15日までとなります。
(こちらの応募にはFaceBookのアカウントが必要となります)



by ojmm | 2018-12-12 13:47 | イベント
8月16日と17日に開催した子どもアドベンチャーの様子です。
まず最初は、ロビーで小説家・大佛次郎について学びました。
b0134195_10435257.jpg
大佛次郎の写真パネルを見ながら説明を聞いてもらいました。
b0134195_10451169.jpg
その後、2階サロンへ移動し「白猫白吉」の朗読を聞きました。みなさん、熱心に聞いてくれました。
b0134195_10435695.jpg
その後、会議室に移動し、説明を受け・・・いよいよ感想画を描き始めます。
b0134195_10444140.jpg
b0134195_10481706.jpg
b0134195_12073683.jpg
b0134195_12052064.jpg

感想画を描くための時間は30分と短いのですが、クレパスや折り紙、毛糸を使って一生懸命に描いてくれました。
保護者のみなさんにはこの時間を利用して、テーマ展示Ⅱ「I Love スポーツ。大佛次郎~スポーツマン作家 10のストーリー~」の展示解説をお楽しみいただきました。
b0134195_12105913.jpg

b0134195_10452574.jpg
最後は、サロンに戻り感想画を披露します。
b0134195_10485330.jpg
b0134195_10482785.jpg
b0134195_10450441.jpg
どの作品にも、白吉が活き活きと描かれていました。今回の作品は、8月26日までの間サロンで展示しました。
b0134195_11032616.jpg
ご参加してくださったみなさん、ありがとうございました。また来年もお待ちしています!



by ojmm | 2018-09-01 09:11 | イベント
大佛次郎の愛した横浜の町は、様々なスポーツ発祥の地でもあります。今回「I Love スポーツ。大佛次郎~スポーツマン作家10のストーリー~」展の中でも、紹介しているラグビー、テニスをはじめとして、サッカー、スキー、競馬、ボウリングなどなど…(諸説あります。)
今回、「山手&根岸ウォーキング」は、スポーツ発祥の地「横浜」の中から特に山手と根岸をめぐりつつ、大佛作品の中で描かれた「スポーツ」も紹介するというスポーツと文化の融合したイベントです。
参加者募集は、9月1日(土)23:59までです。まだ、間に合いますので、ふるってご応募ください!


by ojmm | 2018-08-27 16:50 | イベント
今年2月から4月にかけて開催した大佛次郎記念館の「大佛次郎×ねこ写真展2018」ですが、その前年開催の「大佛次郎×ねこ写真展2017」の出品作品とあわせて一般公募作品の中からジャパンクリエイトが選定した作品が、赤レンガ倉庫1号館で公開されます。
広い会場の奥の方に、大佛次郎記念館コーナーが作られる予定です。
※大佛次郎記念館で開催した、来館者による人気投票の受賞作品ではありませんので、ご注意ください。

ジャパンクリエイト主催「第3回横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展2018」は、7/11(水)~7/17(火)まで開催します。会期が短いですから、お見逃しなく!

b0134195_08581369.jpg

by ojmm | 2018-07-01 15:57 | イベント
今年も、8月16日(木)17日(金)の2日間、横浜市在学・在住の小学校4~6年生の方を対象にしたイベント、子どもアドベンチャー2018「お話の中の猫を描いてみよう!」~感想画体験~について、本日より参加者の募集を開始しました。

横浜に生まれ、横浜が大好きだった作家・大佛次郎ですが、猫をとても愛した作家としても有名でした。そこで大佛次郎の書いた童話の中から、子猫が不思議な体験をするお話「白猫白吉(しろねこしろきち)」の朗読を聞いてみましょう。そして、感じたこと、考えたこと、心に浮かんだイメージを、自由に描いてみましょう。皆さんの感想画は、8月26日(日)まで、記念館内に展示します。

子どもアドベンチャー募集の詳細はこちらから

昨年度の作品(スイッチョねこの感想画)
b0134195_16395821.jpg
b0134195_16395126.jpg
b0134195_16400913.jpg
b0134195_16400349.jpg
b0134195_16403841.jpg
b0134195_16403203.jpg



by ojmm | 2018-06-13 16:43 | イベント
今週末、6月9日(土)・10日(日)は、和室で収蔵品特別展示を開催します。
今回展示する日本画は、大佛次郎と親交を結んだ日本画家 佐多芳郎の作品です。

「本格の画道に精進している佐多さんに挿絵を描くようにさせた発頭人(=張本人)は私である。…佐多さんの挿絵のきよらかな美しさを愛するひとは私の同業の中に多い。」
(1966年・昭41開催 佐多芳郎の個展に寄せて)

と、大佛次郎が書き残しているように、佐多芳郎が挿絵を手がけたきっかけは大佛次郎の抜擢によるものでした。
二人の交友については、現在2階記念室内の愛蔵品コーナーでも紹介しています。


茶器は、ガラス工芸の先駆者 岩田藤七が制作した水指(みずさし)を展示します。
大佛次郎は、岩田藤七作品に出会い

「古い能衣裳を見るように、絢爛とした色を見せたかと思うと、深海の水を凍らせたように透明な、エメロードの色の塊となり、光と湿気に因って色調を変える」ガラスの美しさを見出しています。
(「日本的な独創」(1968年・昭43))

大佛次郎が文章化したガラスの色合いを、実際の作品から感じ取っていただければ幸いです。



佐多芳郎と大佛次郎の交友についてはこちらから



by ojmm | 2018-06-07 17:57 | イベント
ホームページで発表済しました大佛次郎×ねこ写真展2018の来館者による人気投票の結果です!
賞をとった作品は、やはりどれも味があります。次回の2019の作品募集を行う予定です。皆様のご参加お待ちしております!


by ojmm | 2018-04-25 17:14 | イベント
大佛次郎記念館は、5月1日(月)に開館40年を迎えます。それを記念し3日間の入館無料デーを開催します!
1日(火)は、ハズレなしのお楽しみ抽選会も実施!ご来場をお待ちしております。



by ojmm | 2018-04-21 17:04 | イベント
本日(4/7)、鎌倉雪ノ下にある大佛茶亭は、鎌倉風致保存会の主催による年に2回の公開日です。どなたでも無料で、邸内にお入りいただけます。普段は黒塀の向こうに覗くだけのお庭も、本日はご堪能いただけます!
今朝の大佛茶亭の庭の様子です。大佛次郎が、こよなく愛した枝垂れ桜は、まだお花見をお楽しみおいただけます!
b0134195_10274063.jpg
大佛次郎記念館は、出張展示のほか、書籍・グッズの販売にお伺いしています。ぜひご立ち寄りください。
b0134195_10213458.jpg
本日の展示は、記念館で開催中の「大佛次郎記念館の40年 1978-2018」と連動しています。
b0134195_10214281.jpg
展示の中には、横山隆一・画≪大佛次郎作品道中図絵≫(レプリカ)もあり、大佛次郎と大佛次郎記念館の両方を知ってもらえる楽しい内容になっています。
16時までの開催です。ぜひお立ち寄りください!

by ojmm | 2018-04-07 10:39 | イベント