横浜・港の見える丘公園内にある、大佛次郎記念館の最新情報


by 大佛次郎記念館
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:展示( 74 )

4月3日(水)より「大和和紀『ヨコハマ物語』×大佛次郎の横濱」展がスタートします。
b0134195_17294333.jpg
会期初日の4月3日(水)には、ご来館で観覧チケットをお求めの方、全員に本展のために制作した特製ポストカードをプレゼント!
ご来館をお待ちしています。




by ojmm | 2019-03-15 17:32 | 展示
好評につき会期延長しました「大佛次郎『天皇の世紀』1555回の軌跡 取材旅行から絶筆まで」展も3月24日(日)で閉幕します。3月に入り季節も良いのか、ご来場の方が増えてきました。
b0134195_10080286.jpg
ご来場いただいた方はご記憶がおありかもしれませんが、冒頭で大佛次郎が晩年、頻繁に取材旅行に出かけていたことを示す一覧表が展示されています。(写真の右側・真ん中のパネルです。)
b0134195_10052915.jpg
大佛次郎は、晩年の7年間で26回もの取材旅行を敢行しています。
『天皇の世紀』の執筆がいかに大佛次郎とって大事なライフワークであったことがお判りいただけると思います。
また、取材旅行一覧の右側には、大佛次郎随筆の欄があります。
そこには、取材旅行の際のエピソードが書かれたエッセイの出典が出ています。
エッセイの多くは、大佛次郎随筆全集の中に載っていますので、大佛次郎記念館の閲覧室でお読みいただく事も可能です。
ぜひ当時の大佛次郎の心持に思いを馳せ、「天皇の世紀」がどのようにして執筆されていったかを探ってみてください。

ホームページからは、この一覧表をダウンロード印刷することも可能です。こちらもご活用くださいね。



by ojmm | 2019-03-09 12:34 | 展示
b0134195_13190037.jpg
明日、2/26(火)よりいよいよ「大佛次郎×ねこ写真展2019」がスタートします。
今回は、190名484点の応募作品の他、いまじねーしょんねこ2019や、大佛次郎コーナーにも、多数のねこ写真を展示します。毎年恒例の来館者による人気投票も開催しますので、多くの皆さまのご来場をお待ちしています。



by ojmm | 2019-02-25 12:42 | 展示
2月12日より木戸孝允の漢詩の軸に代わり、後藤象二郎(1838-1897)の書を展示しました。
b0134195_16191644.jpg
後藤象二郎は、先日館内上映したテレビ映画≪天皇の世紀≫第16話「大政奉還」にも登場しました。龍馬の「船中八策」を土佐藩の前藩主の山内容堂に伝え、龍馬と共に大政奉還に尽くした人物です。

この掛け軸は、盛唐の詩人、儲光羲(ちょ・こうぎ)の漢詩「寄孫山人」(孫山人に寄す)を書にしたものです。
*山人とは書家等の文人につける言葉です。

by ojmm | 2019-02-14 17:30 | 展示
b0134195_16175607.jpg
大佛次郎×ねこ写真展2019では、「大佛次郎が愛した猫たち」と題して、大佛次郎自身が撮影したねこ写真や、大佛夫妻とねこたちの写真も展示します。
「猫のいる日々」に収録されている大佛次郎のねこ愛あふれる文章の一部も、一緒にお楽しみいただけます!

大佛次郎×ねこ写真展2019

【会  期】 2019年2月26日(火)〜4月14日(日)

【開館時間】 2月・3月 10:00〜17:00(最終入館16:30)   4月  10:00〜17:30(最終入館17:00)

【休  館】 毎週月曜日(祝休日の場合は翌平日)、3月25日(月)〜4月2日(火)

       ※ただし、3月28日(木)〜3月31日(日)の期間は1階のみ開館し「大佛次郎×ねこ写真展2019」はご観覧いただけます。(この期間のみ入館料はかかりません)

【会  場】 大佛次郎記念館 会議室

【料金(入館料)】 高校生以上200円(150円) 中学生以下無料

          ※( )内は20名以上の団体割引料金

          ※横浜市在住の65歳以上の方は無料(濱ともカードなどをご提示ください)

          ※障がい手帳をお持ちの方と付添いの方1名は無料(手帳をご提示ください)

          ※毎月23日(市民読書の日)と第2、第4土曜日は高校生無料

【主  催】 大佛次郎記念館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)

【協  力】 ジャパンクリエイト株式会社

【協  賛】 美濃屋あられ製造本舗 横濱元町霧笛楼 株式会社ポンパドウル 株式会社ホテルニューグランド


by ojmm | 2019-02-03 16:34 | 展示
1月26日(土)〜2月3日(日)の期間、月曜日の休館日を除き、毎日13時よりテレビ映画≪天皇の世紀≫第16話「大政奉還」を上映をしています。

第16話テレビ映画≪天皇の世紀≫は、第1部はドラマ仕立て、第2部はドキュメンタリー仕立てとなっており、第2部は、1973年度に第11回ギャラクシー賞、1974年度に第14回日本放送作家協会賞を受賞した傑作です。

この16話「大政奉還」は、後半の大きな山場でもあり、伊丹十三は脚本を手がけただけでなく、自身が大政奉還のキーマンである徳川慶喜を演じています。
ドキュメンタリー制作者として伊丹十三がたずさわった「天皇の世紀」って、一体どんな番組だろう・・・と思う方は百聞は一見に如かずです。
ぜひ、大佛次郎記念館に来てご鑑賞ください!

【上映日時】 1/26(土)〜2/3(日)  13:00〜(約30分)
【上映場所】 大佛次郎記念館1階ロビー
【料 金】  入館料のみ200円
【上映内容】 テレビ映画≪天皇の世紀≫  第2部 ドキュメンタリー 第16話 「大政奉還」
       監 督 :大熊邦也           脚 本 :岩間芳樹・伊丹十三  
     アナウンサー:三國一朗       実況アナウンサー:植草貞夫
  キャスト・坂本龍馬:中尾彬           大久保一蔵:戸浦六宏
      後藤象二郎:渡辺文雄           徳川慶喜:伊丹十三
       制 作 :朝日放送・国際放映


ちなみに、テレビ映画≪天皇の世紀≫に関する過去のレビューも発見しました。こちらを読むと、大佛次郎と伊丹十三の関係が分かり、さらに別の回のお話も見たくなると思います。



by ojmm | 2019-01-28 11:04 | 展示
b0134195_17305328.jpg
3回目の今年の目玉は、何と言っても484点にも及ぶ応募作品。
写真には撮影者によるコメントが加えられており、クスッと笑える作品も。前回以上に“ねこ愛”を、感じていただけること請け合いです。
毎回好評の来館者による人気投票も実施します!
今回も力作ぞろいですので、皆さまには大いに悩んで投票してくださいね。

以前のブログで、応募作品のほんの一部を紹介しています。




人気投票の結果は、会期後にホームページで発表します。
by ojmm | 2019-01-25 17:36 | 展示
後期展示では、2階サロンに「音を楽しむ♪展示コーナー2」を設置しています。

大佛次郎は、亡くなる約1年前の1972年(昭和47年)4月18日に、経団連の午餐会で演題≪生地のままに≫という講演を行っています。
講演の主な内容は「天皇の世紀」を執筆することとなったきっかけや、制作意図などでした。2階ギャラリー設置の「音を楽しむ♪展示コーナー1」で、冒頭部分をお聞きいただけます。

CDデッキの上に配架している、大佛次郎記念館制作のブックレット「生地のままに」(税込350円)では、冒頭部分から先の全45分間の内容を読むこともできますよ。こちらも手に取ってご覧ください!
b0134195_14374225.jpg

さて今回新たに設置した音声は、講演録には記録されていない「展示コーナー1」のさらに前段の部分です。
「え~大佛でございます。」という音声から始まり、救急車で運ばれた話や、疲れやすい自分の近況をユーモアを交えて述べています。
b0134195_11240546.jpg
どんな話が聞けるのか…は、来てみてのお楽しみです。大佛次郎の肉声を、ぜひ聞きに来てみてください!

by ojmm | 2019-01-18 09:57 | 展示
大久保利通、西郷隆盛とならんで維新の三傑と言われる、木戸孝允(きどたかよし・こういん)。
後期展示では、木戸孝允が、鎌倉について詠んだ漢詩を自らの筆でしたためた軸を展示します。
長州の桂小五郎といった方が、分かる方が多いでしょうか。
他にも、和田小五郎・木戸貫治・木戸準一郎・新堀松輔・広戸孝助など、多数の名前を名乗ったことでも有名です。ちなみに、1月26日(土)~2月3日(日)に大佛次郎記念館で放映するテレビ映画≪天皇の世紀≫第16話「大政奉還」では、木戸準一郎が登場しますよ!

この書では、松菊生(しょうぎくせい)と号が記され、木戸孝允と、松菊の落款が押されています。
b0134195_16333382.jpg
鎌倉文士の里見弴が、大佛次郎に贈ったものです。ぜひ、実物を見に来てくださいね。
展示期間:1月4日(金)~2月11日(月・祝)

by ojmm | 2019-01-17 12:49 | 展示
今年は酷暑や台風、暖冬と、紅葉には過酷な環境だったと思いますが、12月5日にもなると色づいてきたようです。

こちらが、本日(12月5日)の紅葉の様子です。
b0134195_10564379.jpg
黄色と赤とのコントラストが綺麗です。
b0134195_10564421.jpg
和室の中から眺めるとこんな感じです。
b0134195_10564412.jpg
b0134195_10564400.jpg
和室の汐見窓の欄干ですが、千鳥が透かし彫りになっています。
日本の文様では「波と千鳥」が必ず一緒に用いられますが、大佛次郎夫人が建築に際し「波はそこ(横浜港)にあるのだから・・・」とおっしゃったため、あえて千鳥だけの意匠になったと伝えられています。

まだまだ、紅葉は楽しめそうです。和室公開は、12月11日(火)までです。ご来館、お待ちしております!
※非公開日:12月8日(土) 休館日:12月10日(月)

by ojmm | 2018-12-05 11:01 | 展示