横浜・港の見える丘公園内にある、大佛次郎記念館の最新情報


by 大佛次郎記念館
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

2018年 10月 11日 ( 1 )


大佛次郎の戦後の代表作の一つといっても過言ではない現代小説『帰郷』が、小学館より10月11日に発売されました。
b0134195_16313163.jpg
【あらすじ】

太平洋戦争末期、マレーシアの古都マラッカ。元海軍将校の守屋恭吾はかつて公金に手を出し、妻子を残してヨーロッパに失踪した過去を持つ。高野左衛子は、マラッカで将校相手の高級料亭を経営しながら、ダイヤモンドを闇買いする美貌の女性。互いに激しく惹かれあい、一夜を共にするが、すべてを見抜いた恭吾に怖さを感じた左衛子は、恭吾を憲兵に密告、恭吾はスパイ容疑で逮捕収監されてしまう。 

やがて敗戦となり釈放された恭吾は、二度と帰るまいと心に決めていた日本への帰国を決意するが、そこで恭吾が見たものとは…。



[PR]
by ojmm | 2018-10-11 11:19 | トピックス