人気ブログランキング | 話題のタグを見る

横浜・港の見える丘公園内にある、大佛次郎記念館の最新情報


by 大佛次郎記念館
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「これぞ!大佛歌舞伎」ご案内①

現在開催中の「これぞ!大佛歌舞伎」
9月5日までの会期ですが、多くの資料をご紹介するため
毎月展示替えをしています。

現在の第2期は、7月4日(日)までです。
「まだ、見てません!」という方のために
残りあと1週間で見納めとなる資料をご紹介します!

「戦後歌舞伎の華」とうたわれた「海老さま」こと
九代目市川海老蔵と菊五郎劇団に当て
多くの演目を書いた大佛次郎ですが、中でも
「若き日の信長」と「築山殿始末」は現在まで繰り返し上演されています。

なんと、「信長」は九代目海老蔵さん(十一代目團十郎)、
十二代目團十郎さん、御当代の海老蔵さん
の三代で引き継がれ、現在まで18回(!?)も上演されています。

当時の海老蔵さんのお言葉
「…巧拙は別として、力いっぱい、
そして作品に十分惚れ込んでやった仕事に
対しては後悔のないすがすがしい気持ちです。」
からも、この芝居への意気込みが伝わってきます。

どんな、舞台だったのでしょう?
展示会場では当時の舞台写真(モノクロ)や台本のほか
創作ノートや原稿など舞台の制作過程がわかる資料を
多数ご紹介していますが、
何といっても、舞台の雰囲気を今に伝えてくれているのは
守屋多々志画伯の道具帖(舞台装置図)です。

現在ご紹介している3点は、
まず、「若き日の信長」第二幕、信長の守役、”平手の爺”こと平手中務政秀の館。
「これぞ!大佛歌舞伎」ご案内①_b0134195_17413292.jpg












雪の降る様子まで、丹念に描き込まれています。
そして、徳川家康と夫人・築山殿、その長男信康と嫁である信長の息女徳姫を
めぐる親子の情を描いた「築山殿始末」より

「これぞ!大佛歌舞伎」ご案内①_b0134195_17541167.jpg
第二幕二場、城下近郊の池と第三幕一場岡崎城内角櫓です。

池の場面は、信康と侍女小笹が船の上で愛を語り合う印象的なシーンです。
海老さまと七代目芝翫さんの美しい舞台写真とともに、
是非、ご堪能ください!







by ojmm | 2021-06-27 18:07 | 展示