横浜・港の見える丘公園内にある、大佛次郎記念館の最新情報


by 大佛次郎記念館
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

大佛次郎直筆原稿 「わが家の『アバレ』」


「白猫の小とんや白やチビのほかに、新しくシャムの猫がふたり、僕の家族になりました。」



「わが家の『アバレ』」は、雑誌「少年倶楽部」昭和9年7月号に掲載された、原稿用紙1枚分の短いエッセイ。雑誌読者の少年たちに、大佛家に新たにやって来たシャム猫を紹介する内容です。

単行本未収録エッセイなので、今回が読むことのできる貴重な機会です。

 そもそもシャム猫はタイが原産の猫で、かつてはタイ国内でも宮殿や寺院などでのみ飼われていました。それが世界的に有名になったのは、1884年にイギリスに持ちこまれたシャム猫が、翌年のキャットショーで賞を総なめにしたから、だそうです。

 大佛家にシャム猫が来たのは1934年。まだまだ日本では珍しい猫でした。エッセイ「新しい家族」で大佛次郎はこう書いています。



「シャム猫が来るのだ。友達のコレア君が印度支那から貰ってくれたのである。猫はエム・エムの汽船へ乗って長い航海の後に神戸に着き、コレア君が「燕」でそれを連れて来るのだ。」




 海の向こうから、船ではるばるやって来たシャム猫夫妻。名前は二匹まとめて「アバレ」。その名付けの由来を知りたい方は、ぜひ記念館で「わが家の『アバレ』」を読んでみてください。


※この原稿は、本日から開催の後期展示でご覧いただけます。

b0134195_16281732.jpg




[PR]
by ojmm | 2017-09-26 14:48 | 展示