横浜・港の見える丘公園内にある、大佛次郎記念館の最新情報


by 大佛次郎記念館
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

「大佛次郎、雑誌『苦楽』を発刊す」展示の原画②

荻須 高徳(おぎす たかのり)
1901(明治34)年~1986(昭和61)年、愛知県稲沢市生まれ。

東京美術学校(現:東京芸術大学)卒業後、主にフランスの首都パリの街角を描き、画家としての大半をパリで過ごしました。

1986(昭和61)年10月14日、パリのアトリエで制作中に倒れ、そのまま帰らぬ人となりました。
永眠される一週間ほど前に文化勲章受章が内定していたため、11月3日には逝去日に遡及し、同章が授与されました。

今回の展示では、『天馬』創刊号(1949年1月)表紙となった「パリ風景」をご覧頂けます。
荻須は1940(昭和15)年に戦況悪化のため帰国し、戦後この作品を描き上げ、再渡仏しました。
大佛のフランス旅行中には現地を案内するなど、親交が続きました。


横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
コドモのためのアート情報サイト ヨコハマ・コドモ・アートナビ
大佛次郎記念館公式サイト
大佛次郎研究会
[PR]
by ojmm | 2015-01-20 09:47 | 展示