横浜・港の見える丘公園内にある、大佛次郎記念館の最新情報


by 大佛次郎記念館
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「大佛次郎、雑誌『苦楽』を発刊す」展示の原画①

テーマ展示「大佛次郎、雑誌『苦楽』を発刊す」では、表紙絵や挿絵等の原画を展示しています。
展示されている原画の作者について、紹介していきます。

鏑木 清方(かぶらき きよかた)
1878(明治11)年~1972(昭和47)年、東京神田生まれ。

明治初期、新聞界で活躍した父・条野 採菊(じょうの さいぎく)の影響で、幼い頃から文芸に親しみ、13歳で日本画家・水野 年方(みずの としかた)に入門。
挿絵画家として人気を博した後、明治30年代より肉筆画の製作に取り組み、優美な女性の姿や、日常生活に垣間見られる季節感、日本古来の風情をいきいきと描きました。
1954(昭和29)年、 文化勲章を受章。

「東の鏑木清方、西の上村松園」と言われ、近代日本の美人画の代表的な作家です。

1/14(水)から「きさらぎ」「あまのがは」を展示いたします。
美しい色使いを、ぜひ間近でご鑑賞下さい。

b0134195_9501336.jpg

[ 画像:苦楽 1946(昭和21)年11月号(創刊号)表紙 「花野」 ]


横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
コドモのためのアート情報サイト ヨコハマ・コドモ・アートナビ
大佛次郎記念館公式サイト
大佛次郎研究会
[PR]
by ojmm | 2015-01-12 10:24 | 展示