横浜・港の見える丘公園内にある、大佛次郎記念館の最新情報


by 大佛次郎記念館
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

特集展示 会場風景(1)

b0134195_175169.jpg

b0134195_17511812.jpg
 現在開催中の特集展示「大佛次郎と文明開化-木村荘八の眼-」会場風景です。
 1階では、大佛の開化小説の舞台となった開港当時の地図を元にしたパネルや、遺構の写真を展示しています。


横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
# by ojmm | 2009-10-24 17:55 | イベント
b0134195_17195532.jpg

b0134195_1722372.jpg

大佛次郎記念館の建つ 「港の見える丘公園」にはローズガーデンがあります。
秋咲きのバラがほころび、散策に絶好の季節を迎えました。



横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
# by ojmm | 2009-10-24 17:27 | 季節のたより
b0134195_14253290.jpg
 
b0134195_14313430.jpg このたび、野尻政子氏より大佛次郎自筆原稿「炎の柱」1076枚を受贈しました。現在、特設コーナーを設けて原稿及び作品関連資料を展示しています。
 「炎の柱」は、1961(昭和36)年7月から約1年間「毎日新聞」夕刊に連載された作品で、後に「炎の柱 織田信長」と改題されました。
 大佛次郎は織田信長の人物像に深い関心を寄せ、「若き日の信長」「戦国の人々」などの戯曲も書き下ろすなど、作品群の中で重要な位置を占めています。

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
# by ojmm | 2009-10-18 14:33 | トピックス
b0134195_101665.jpg

 大佛次郎は1897年(明治30)10月、横浜で生まれました。小学校1年生のとき、兄たちの教育事情から東京に転居しました。大佛が作家として出発したのちの、1930年代になると、文明開化期あるいは横浜居留地を舞台とした小説を書きはじめます。その作品世界は、挿絵画家木村荘八の史実に照らしての感性あふれる筆さばきがくわわって、人びとをいっそう魅了しました。
大佛は、なぜ、このような作品世界をつくりあげるにいたったのか、その要因と作品の魅力について考えます。

 b0134195_107382.jpg「霧笛」「幻燈」など文明開化期の横浜を舞台にした小説を中心に、その作品世界の魅力を、木村荘八の挿絵とともにたどります。

◆会期 10月1日(木)~11月23日(月・祝)
(10月26日(月)は休館)

◆料金 大人200円(150円) 小中学生100円(80円)
*( )内は20名以上の団体料金
*毎月第2・第4土曜日は高校生以下無料
*障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
*横浜市内在住の65歳以上の方は無料
(受付にて証明できるものをご提示ください)

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
# by ojmm | 2009-09-29 10:37 | イベント
b0134195_19433978.jpg
鎌倉・雪ノ下に保存されている大佛次郎茶亭(鎌倉市景観重要建築物等)特別公開にあわせて、書籍とグッズの販売を行います。秋を迎えた鎌倉で、作家の散策路をたどってみてはいかがでしょう。


b0134195_1947782.jpg◆日時 平成21年10月3日(土)
10時~16時(予定)
 ※天候等の都合で販売時間が変更されることがございます
◆会場 大佛次郎茶亭
(JR鎌倉駅より徒歩12分 鎌倉市雪ノ下1-11-22)
◆特別公開についての詳細は
 (財)鎌倉風致保存会 TEL0467-23-6621 

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
# by ojmm | 2009-09-28 19:49 | 書籍・グッズ