横浜・港の見える丘公園内にある、大佛次郎記念館の最新情報


by 大佛次郎記念館
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 大佛次郎没後40年を記念し、名古屋・栄中日文化センターで連続講座があります。開講時期が迫っていますので、お申込はお早めにどうぞ。
◆日程 2013年10月11日(金) 〜 12月13日(金)
第2金曜日 13:00~14:30 全3回
※開講中止となりました(10月2日)
◆会場 名古屋・栄中日文化センター
◆料金 3か月分 6,930円
◆内容
第1回 10月11日
「大佛次郎の生涯と文学」
山口俊章(大佛次郎研究会会長、元神戸大学大学院教授)
明治・大正・昭和にわたり、五十年有余も第一線に立った作家の 生涯と文学を貫くものは何か。平成の今こそ、その真実を問う。
第2回 11月8日
「大佛次郎と横浜―なぜ横浜を小説の舞台に したのか―」
内海孝(大佛次郎記念館研究員、東京外国語大学名誉教授)
小説家は、なぜ小説を書くのか。しかも大佛次郎はある時点から、小説の舞台を横浜に設定しはじめた。なぜであったのか。
第3回 12月13日
「『天皇の世紀』執筆に見る大佛次郎」
手塚甫(大佛次郎研究会会員、元北里大学教授)
「天皇の世紀」は大佛次郎の絶筆となった作品である。この作品で大佛は何を描こうとしたのか。また、この大作に取組む姿から垣間見た大佛次郎の生き方を考える。
◆お問い合わせ
中日文化センター 0120-53-8164

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
コドモのためのアート情報サイト ヨコハマ・コドモ・アートナビ
大佛次郎記念館公式サイト
大佛次郎研究会
[PR]
by ojmm | 2013-09-24 22:12 | トピックス
  9月22日に、大学生インターンの発案、運営による写真講座を開催します。

◆レンズで見つめるMy Town!
【開催日時】 2013年9月22日(日)10:00~16:00
【開催場所】 大佛次郎記念館
【参加対象】 スマートフォンを持っている女性(学生も社会人もOK!)
【参加費】 入館料200円+参加費500円(写真代・おやつ代・ぬいぐるみ代など)
【定員】 10名
【講師】善本喜一郎
フォトスタジオKiPSY代表。公益社団法人日本広告写真家協会専務理事。雑誌『宣伝会議』 編集・ライター養成講座写真担当講師。
【お申し込み・お問合せ】
http://kokucheese.com/event/index/113569/
【主催】大佛次郎記念館の活性化による若者の地域参画プロジェクト実行委員会(横浜市、横浜市芸術文化振興財団、NPO法人ハナラボ)
連絡先: hana.bigina@gmail.com
※イベントの詳細は こちら

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
コドモのためのアート情報サイト ヨコハマ・コドモ・アートナビ
大佛次郎記念館公式サイト
大佛次郎研究会
[PR]
by ojmm | 2013-09-15 14:26 | イベント
b0134195_1949513.jpg
 大佛次郎没後40年を記念し、横浜美術館コレクション展第2期の中で、大佛が収集したフランス画家・版画家ポール・ルヌアールの版画作品40点を展示しています。
b0134195_1949361.jpg ルヌアールは19世紀末、当時隆盛を極めた絵入り新聞「イリュストラシオン」や「グラフィック」などに数多くの挿絵を提供し、万国博覧会では二度にわたって金賞を受賞するなど著名な挿絵画家でした。その確かな素描力は、ゴッホやドガなど同時代の画家たちからも賞賛されました。
b0134195_19495665.jpg 今回は、大佛次郎記念館が所蔵する約250点の内、フランス陸軍ユダヤ人将校のスパイ冤罪事件に関連する法廷スケッチをまとめた版画集『ドレフュス事件』(1899)と、集大成と位置づけられる版画集『動き、身振り、表情』(1907)より出品しました。

 会期は9月16日(月・祝)までです、どうぞお見逃しなく。また、この展示の半券提示で、2014年3月まで大佛次郎記念館の展示を団体割引料金でご観覧いただけます。あわせてお出掛けください。

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
コドモのためのアート情報サイト ヨコハマ・コドモ・アートナビ
大佛次郎記念館公式サイト
大佛次郎研究会
[PR]
by ojmm | 2013-09-13 19:50 | トピックス