「ほっ」と。キャンペーン

横浜・港の見える丘公園内にある、大佛次郎記念館の最新情報


by 大佛次郎記念館
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 大佛次郎記念館は、2011年7月より休館日を毎週月曜日に変更いたします。このほか展示替や施設点検のため臨時に休館することがありますので、お出掛けの際には休館予定をご確認くださいますようお願い申し上げます。
【6月までの休館日】
毎月第4月曜日、年末年始、展示替
【7月からの休館日】
毎週月曜日(祝休日の場合は翌平日)、年末年始、展示替
※繁忙期には月曜日(祝休日の翌平日)でも開館することがあります。
※施設点検等のため臨時休館することがあります。

◆2012年3月までの休館予定はこちら

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
by ojmm | 2011-06-22 10:59 | トピックス
b0134195_14165291.jpg
 大佛次郎記念館では、文春文庫『終戦日記』をテキストに用いて読書会を開催します。
 7月15日まで、参加者を募集中です。
(写真は大佛次郎1943(昭和18)年、シンガポールにて)

◆日時 8月3日、8月10日、17日、24日、31日
 水曜日全5回 10:30~12:00
◆会場 大佛次郎記念館 会議室
◆参加費 3,000円(テキスト代別)
◆テキスト 文春文庫『終戦日記』(990円)
※受講申込時にテキスト購入希望の有無をお知らせ下さい。
※『終戦日記』を既にお持ちの方は、受講日にご持参ください。
※受講申込時にテキスト購入を希望され、受講が決まった方には、受講案内に同封してお送りします。後日、参加費とともにテキスト代をお支払ください。
◆対象 中学生以上
◆講師 内海孝(東京外国語大学教授、大佛次郎記念館研究員)
◆申込 はがき、FAX、Eメールのいずれかに次の項目を記入してご送付ください。
①講座名 ②テキスト購入希望有無 ③住所 ④氏名 ⑤年齢 ⑥電話番号 ⑦FAX番号 ⑧Eメールアドレス
※Eメールでお申込の際は件名に「終戦日記読書会申し込み」、本文に上記事項をご記入のうえ送信してください。
◆宛先 〒231-0862 横浜市中区山手町113
     大佛次郎記念館「読書会」係
     FAX045-622-5071
     応募専用アドレスosaragi-oubo@yaf.or.jp
◆応募締切 7月15日(金)必着
◆定員 20名(応募者多数の場合抽選)
※抽選結果は7月20日までにお知らせします。

【講師からのメッセージ】 作家の大佛次郎は、1944(昭和19)年9月10日から、その翌年10月10日まで、日記をつけた。この太平洋戦争前後の時期を、どのような眼でみつめ、みずからの生きかたを模索しつづけていたのであろうか。テキストの『日記』をめぐって、作家の生活と内面、その周辺の時代相を考えてみたい。初回に、受講者の意向をくみ、方向性を決めたいと思う。

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
by ojmm | 2011-06-09 13:26 | 講座・講演会