横浜・港の見える丘公園内にある、大佛次郎記念館の最新情報


by 大佛次郎記念館
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ:イベント( 133 )

 本日開催の「大佛次郎研究会第15回公開発表会」会場は、神奈川近代文学館ホール(大佛次郎記念館より霧笛橋を渡り1分)です。
 開場13時30分、開演14時、終演16時30分の予定です。入場は先着200名様となります。

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
by ojmm | 2010-05-22 12:40 | イベント
b0134195_16221332.jpg

 テレビ映画「天皇の世紀(大佛次郎原作)」上映と講演で、大佛作品を考察します。
(写真:「天皇の世紀」執筆時の大佛次郎 1970(昭和45)年)
◆日時 平成22年5月22日(土) 14時~16時30分(開場13時30分)
◆会場:神奈川近代文学館ホール(大佛次郎記念館隣)
※会場は大佛次郎記念館ではありませんので、ご注意ください。
◆参加費 500円(資料代)
※当日先着200名様。直接会場へお越しください。
◆プログラム
Ⅰテレビ映画上映「天皇の世紀 〈第二期〉第9話 ~龍馬と勝海舟 客の座 その一~」監督:蔵原惟繕監督
 テレビ『天皇の世紀』<第二期26話>は、伊丹十三+テレビマンユニオン(今野勉)を軸に映画監督を加えてつくられ、1973年朝日放送より秋放映開始、歴史ドキュメンタリーに新風を吹き込んだ。
Ⅱ講演「鞍馬天狗と坂本龍馬」
講師:村上光彦(仏文学者、大佛次郎研究会会長)
 大佛次郎は『天皇の世紀』「客の座」の章で、坂本龍馬が「行動的な本来と同時に『見る人』となっ」ていく経緯を克明に描く。既に鞍馬天狗は<見る・考える・行動する>が三位一体となった人物として造型されていた。実在架空二つの魂に宿るものとは…。
Ⅲ講演「大佛次郎と内村鑑三」
講師:新保祐司(文芸評論家、大佛次郎研究会会員)
 大佛次郎と近代日本の代表的基督者である内村鑑三。表面的には、あまり関係がないようにみえる二つの精神が、実は深いところで通じるものを持っていた。このことが、大佛をして、畢生の大作『天皇の世紀』を書くにいたる偉大な作家に成熟させたのではないか。
◆主催 大佛次郎研究会
◆お問合せ 大佛次郎記念館 TEL045-622-5002

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
by ojmm | 2010-05-05 16:24 | イベント
b0134195_11152917.jpg
 3月13日、「近代書史」で第36回大佛次郎賞を受賞した石川九楊さんを招き「大佛次郎賞受賞記念講演会」が行われました。会場の開港記念会館に400名を超える来場者を迎え、盛況に開催されました。
 石川さんは、「書と文学―宮澤賢治『雨ニモマケズ詩』をめぐる五つの謎を解く」という題に沿って、賢治が書き付けた手帳の文字を追いながら、作品の成立過程や表現方法を分析し、読み解いていきました。
b0134195_11155484.jpg
 終演後には講師のサイン会も開かれ、来場者との交流がありました。

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
by ojmm | 2010-03-18 11:20 | イベント
 本日開催の大佛次郎賞受賞記念講演会の電話予約受付は終了しました。
当日券は若干枚、午前11時より会場の横浜市開港記念会館で販売いたします。

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
by ojmm | 2010-03-13 09:00 | イベント
 3月13日(土)に開催される「大佛次郎賞受賞記念講演会 書と文学―宮澤賢治『アメニモマケズ』詩を読む」の入場券は、残りわずかとなりました。ただいま大佛次郎記念館(電話番号045-622-5002)で予約を受付中です。前売及び予約で定員に達した場合には当日券を発行いたしませんので、お早めにご予約ください。
 なお、会場は横浜市開港記念会館講堂(みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口から徒歩1分、JR・市営地下鉄「関内駅」から徒歩10分)です。大佛次郎記念館ではありませんので、ご注意ください。
◆催し物についての詳細は こちら
◆ご予約は 大佛次郎記念館 電話番号045-622-5002(10時~18時)

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
by ojmm | 2010-03-07 12:41 | イベント
b0134195_10312247.jpg
 横浜市中央図書館で開催中のパネル展示「横濱 地図ものがたり」に、大佛次郎記念館所蔵の地図も数点展示されています。
 小説執筆の資料として集めたものなど約千点に及ぶ大佛次郎旧蔵地図の中から、開港期の地図について展示協力しているものです。

◆会期 第1期(開港前~震災前)2月16日(火)~3月22日(月・休)、第2期(震災~現代)3月24日(水)~4月18日(日) 
※大佛次郎旧蔵地図は第1期に展示されています
◆会場 横浜市中央図書館 1階展示コーナー
※「横濱地図ものがたり」展示、ウォーキング、トークショーなど詳しい内容は こちら
※写真提供:横浜地図博覧会実行委員会

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
by ojmm | 2010-02-28 10:35 | イベント

ねこ版画のレターカード

 2月20日(土)、版画家の大野隆司さんを講師に招き「ねこ版画のレターカードを作ろう!」が開催されました。生涯に500匹猫を飼ったといわれるほどの愛猫家であった大佛次郎にちなんだ催し物です。

b0134195_13355380.jpg
 まず、講師が版木を彫るところを見学。参加者は、彫刻刀の巧みな動きと親しみやすいトークに夢中でした。「こどもの頃は漫画家になりたかったけれど、1文字違いの版画家になったんだよ。」


b0134195_13565793.jpg
 そして、バレンをあてて自分の手で摺った作品を台紙に貼り、スタンプを押してレターカードに仕上げます。思い思いの作り方で、世界に1枚のレターカードができました。

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
by ojmm | 2010-02-23 13:58 | イベント
b0134195_13454924.jpg
 山手地区にある学校の生徒作品を山手洋館等で展示するユースギャラリーが、「第4回横浜山手芸術祭」の一環として開催されています。
 大佛次郎記念館には、横浜市立北方小学校の生徒さんによる力作が飾られています。
b0134195_13461466.jpg 横浜山手中華学校の生徒さんとの合作、大きな水墨画は見ごたえがあります。

◆会期 2月11日~2月23日(2月22日は休館。23日は12時まで)
第4回横浜山手芸術祭の詳細は こちら

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
by ojmm | 2010-02-11 13:47 | イベント
b0134195_10365548.jpg 『近代書史』(名古屋大学出版会)で第36回大佛次郎賞を受賞した書家石川九楊氏による記念講演会を開催します。チケットは当館窓口で販売中、電話予約も承ります。

大佛次郎賞受賞記念講演会
書と文学―宮澤賢治「アメニモマケズ」詩を読む

◆日時 3月13日(土) 14時開演
(開場13時30分)
◆会場 横浜市開港記念会館 講堂
(みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口から徒歩1分、JR・市営地下鉄「関内駅」から徒歩10分)
※会場は大佛次郎記念館ではありませんので、ご注意ください。
◆入場料 500円(全席自由)
※前売で定員400名に達した場合は当日券の販売をいたしません。
◆お問合せ・ご予約
大佛次郎記念館 TEL045-622-5002
※写真提供:朝日新聞社

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
by ojmm | 2010-01-19 10:58 | イベント
b0134195_13455477.jpg 猫が大好きで、生涯に500匹飼ったといわれる大佛次郎。当記念館には猫の置物や絵が沢山飾られています。そんな記念館で、版画家の先生が彫る「ネコ版画」をすって、レターカードを作りましょう。
 1月31日(日)まで、参加者を募集中です。
◆日時 2月20日(土)
     14時~15時30分(予定)
◆会場 大佛次郎記念館 和室
◆参加費 ひとり500円(入館料込)
※付き添いの方は入館料(割引料金ひとり150円:市内在住65歳以上の方は「濱ともカード」等の提示で入館無料)がかかります。
◆対象 小学1年生~中学3年生
◆講師 大野隆司(版画家)
◆内容 先生が、みんなの目の前で版木を彫ります。版木に紙をのせて、いざ!すってみましょう。作品を台紙に貼れば、オリジナルレターカードのできあがり!どんな作品ができるかは、当日までお楽しみに。館内の見学も予定しています。
※2種類のカード(封筒付)を作る予定です。持ち物は特にありません。
※版木の彫り体験はありません。また、掲載のイラストは完成イメージです。
◆申込 往復はがきまたはEメールに、①行事名 ②住所 ③氏名 ④学年 ⑤電話番号 ⑥Eメールアドレス ⑦往復はがきの場合は返信宛名 を記入してお送りください。2名以上で申し込む場合は、全員の氏名と学年を記入してください。
◆宛先 〒231-0862 横浜市中区山手町113
     大佛次郎記念館「ネコ版画」係
     応募専用アドレスosaragi-oubo@yaf.or.jp
◆応募締切 1月31日(必着)
◆定員 30名(応募者多数の場合抽選)

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
by ojmm | 2009-12-28 13:53 | イベント