横浜・港の見える丘公園内にある、大佛次郎記念館の最新情報


by 大佛次郎記念館
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:イベント( 112 )

平成28年11月5日(土)大佛次郎記念館では、6名の小学生による第4回ミニ・ビブリオバトルが開催されました。
その時の様子を、遅ればせながら動画にしました。

ちなみに、大佛次郎記念館の「ミニ・ビブリオバトル」のルールは以下の通り。
公式ルールにのっとって、小学生も楽しめる工夫をしています。

その1
 自分が大好きな本の魅力を3分間いっぱいに使って、他の発表者(自分以外最大6名)にアピールしてください

 (用意した原稿を読むのではなく、自分の言葉で語りかけよう。メモ程度は見て大丈夫!)

その2
 発表を聞いた他のみんなは、5分間でその本について「もっと知りたいな」と思うことを発表者に質問し、発表者が答えます。

その3
 全員の発表を聞いて、自分が「一番読みたいと思った本」に発表者がお互いに投票し、その日の「チャンプ本」を決める本の紹介ゲームです!



[PR]
by ojmm | 2017-05-23 12:34 | イベント

大佛次郎研究会 第29回公開発表会

◆日時

平成29513() 14時~1630 (開場1330分)

◆会場 神奈川近代文学館ホール(大佛次郎記念館隣)

※会場は大佛次郎記念館ではありませんので、ご注意ください。

◆参加費 500円(資料代)

※先着200名様。当日、直接会場へお越しください。

◆プログラム

●報告

「鞍馬天狗、台湾歌舞劇に参上 ~奇巧劇団による上演を観て~

   沼尾 実(元大佛次郎記念館館長)

●講演①

「パリ・コミューンの再来を現場で見た ~パリ・コミューンと19685月事件の相似性~

   岡 正浩 (元三井物産勤務・大佛次郎研究会会員) 

●講演②

「『巴里籠城日誌』と『パリ燃ゆ』」

   横堀 恵一 (元通商産業省勤務 ・元在仏大使館商務参事官・弁護士 )

◆主催 大佛次郎研究会

◆お問合せ 大佛次郎記念館 TEL 045-622-5002


[PR]
by ojmm | 2017-04-22 14:43 | イベント
大佛茶亭は、鎌倉雪ノ下の大佛次郎がお客様をおもてなしするための場所として使用していた建物です。現在も、風情あるお庭と家屋が保たれており、週末は喫茶店としても営業しています。
毎年、春と秋2回、鎌倉風致保存会の方々の主催で、無料公開(お茶席のみ有料300円)をしていますが、今年は4月8日(土)に春の公開が行われました。
b0134195_09142612.jpg
b0134195_09150497.jpg
この日は、あいにくの雨でしたが537名もの方にお越しいただきました。
大佛次郎記念館も、現在開催中のテーマ展示Ⅰ「ヨコハマ・スピリット」の展示の一部の公開と、出張販売でお邪魔させていただきました。
b0134195_09195899.jpg
b0134195_09205510.jpg
展示は、土日の喫茶店でもご覧いただけますので、ご興味のある方は、お立ち寄りください!
次回、秋の茶亭公開は、10月14日(土)10:00~16:00の予定です。

[PR]
by ojmm | 2017-04-15 09:45 | イベント
本日、にゃんにゃんにゃんの猫の日より、「大佛次郎×ねこ写真展2017」が始まりました。早速、多くのお客様にご来場いただいて、いつも以上に賑やかな記念館です。
写真はメイン会場は会議室です。
b0134195_11381087.jpg
b0134195_11391393.jpg
665点の公募作品は、圧巻です!ロビーでは、公募作品の人気投票も開催中です。ご来場の際には、ぜひ一票を投じてください。
b0134195_11433163.jpg
さらに、さらに、和室に足を向けると・・・
b0134195_11460841.jpg
お出かけして記念館にやって来た「たまちゃん」達が勢ぞろい。こちらも一見の価値ありです。
その他にも、お楽しみいっぱいの「大佛次郎×ねこ写真展2017」にお越しください!ご来館をお待ちしております。
会期中の開館時間 10:00~17:00(最終入館16:30まで)
休館日 月曜日(月曜祝日の場合は翌平日) 3/13(月)-15(水)は展示替えのため休館します。

[PR]
by ojmm | 2017-02-22 11:52 | イベント

2月11日(土)~19日(日)まで、横浜山手西洋館ユースギャラリーが開催されています。

この催しは、山手地区にある学校の児童・生徒の美術作品を、山手西洋館7館と大佛次郎記念館で展示するもので、総合芸術祭「第11回横浜山手芸術祭」の一環として行われています。

会議室には、横浜市立北方小学校の生徒の皆さんが制作した絵画や工作が並んでいます。
山手散策の折には、ぜひお立ち寄りください。

b0134195_09443738.jpg
・展示時間:10時~17時(入館は16時30分まで)
・場所:大佛次郎記念館 会議室
※2月13日(月)は休館となります。


[PR]
by ojmm | 2017-02-13 09:47 | イベント
1月29日開催予定のイベント「大佛次郎の“美味しい”フランス紀行」で、講師を務めていただく那須井綾子さんが、大佛次郎記念館を訪問してくださいました。
 那須井さんご自身は、2回のフランス留学経験をもち、今年のクリスマスはフランスで過ごされるとのこと。
b0134195_1194060.jpg

1958年6月13日 大佛次郎撮影 サン・ルイ島からシテ島を望む(パリの風景)

フランスを愛してやまないその熱い思いは、大佛次郎に共通するものを感じます。
那須井さんには、大佛次郎の撮影した1958年当時のパリやその周辺の写真をご覧いただいたのですが、写真の鮮明さと建物の佇まいなどは、今と変わらないものだと驚きの声をいただきました。また、大佛も感じたであろう、パリと地方それぞれの魅力を楽しくお話しくださり、ますますイベント日が待ち遠しくなってきました。
皆様のご参加をお待ちしております!
b0134195_11122974.jpg

1958年6月21日 大佛次郎撮影 オーベル・シュル・オワーズの麦畑(ゴッホの墓がある村の風景)

日時:2017年1月29日(日)13:30~15:00(開場13:00)

会場:大佛次郎記念館1階会議室

定員:18名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)

参加費:1,500円(入館料込み、1ドリンク<ノンアルコール>+おつまみ付)

応募方法:往復はがきもしくはメールにて下記の必要事項をご記入の上ご応募ください。
(はがき一枚に付2名様まで申込めます。)
①1/29トークイベント ②代表者氏名 ③電話番号(日中連絡が可能な番号) ④同行者の氏名(フルネーム) ⑤代表者住所

*1月3日(月)必着 抽選結果は1/10(火)までにお知らせします。
[PR]
by ojmm | 2016-12-16 11:20 | イベント
和室から見える紅葉も色付きが鮮やかになり、いよいよ見ごろを迎えました。

今週末は天気も良さそうですので、ぜひこの機会に風情ある眺めをお楽しみ下さい!
b0134195_1361292.jpg

(写真は和室より、12月2日に撮影)

皆さまのご来館を、お待ちしております。
※入館料は必要になります。
[PR]
by ojmm | 2016-12-02 13:00 | イベント
11月27日(日)~12月11日(日)は和室利用の予約がない日にかぎり、無料開放いたします。
※27日は、午前中のみの開放となります。

横浜で24日(木)、11月としては54年ぶりに降った初雪の影響もあり、一気に秋が深まったようです。
b0134195_1182437.jpg

(写真は和室より、11月26日に撮影)

落ち着いた雰囲気のなかで、じっくりと紅葉を堪能できますので、皆さまのご来館をお待ちしております。
※入館料は必要になります。
[PR]
by ojmm | 2016-11-26 11:27 | イベント
ねこ好きの方必見!
ジャパンクリエイト(株)主催の今までにない規模のねこの写真展「横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展 2016 ~今を生きる猫たちのキロク・キオク~」が、11/7まで赤レンガ倉庫1号館2階で開催されています!

そのなかに、大佛次郎記念館とのコラボレーションコーナーがありまして、2/22から当館で開催する「大佛次郎×ねこ写真展2017」のごく一部がプレ展示されています!
大佛次郎の文章と合わせてみると、ついついニンマリしてしまうような、ねこの写真。ぜひ、いまじね~しょんして楽しんでみてください!
b0134195_15442062.jpg

b0134195_15451283.jpg


横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展
大佛次郎×ねこ写真展2017 写真公募中!
[PR]
by ojmm | 2016-11-04 18:00 | イベント
10/15(土)、気持ちの良い秋晴れの日に、横浜文学散歩~富岡編~が開催されました。
講師は、おなじみ東京外国語大学名誉教授の内海孝先生です。

今回は、サブタイトルが「直木三十五―大佛次郎記念館がなぜ直木三十五なのか?」というもので、謎かけ形式になっていました。直木三十五の死後、直木を記念して制定された賞が、文豪の登竜門として知られる直木賞です。直木と大佛に、どんな関係があったのでしょうか・・・?

最初は、京急富岡駅すぐのところにある「川合玉堂邸跡」に立ち寄りました。
b0134195_16325066.jpg

ここでは、NPO法人旧川合玉堂別邸及び園庭緑地運営委員会の代表からお話を伺い、富岡の町を見下ろして、埋め立て前の海岸線をたどったり、別荘地だった頃の屋敷の場所を俯瞰したりしました。

続いて、立ち寄ったのが、臨済宗建長寺派の富岡山長昌寺(ちょうしょうじ)です。
ここには、現在も直木の墓があり、直木の代表作「南国太平記」にちなんで南国忌と名付けられた法要が毎年営まれています。
b0134195_16334423.jpg

ご住職から、直木の生い立ちと共に、大佛との初めての出会いが明かされました。
また、27回忌法要の際に、大佛次郎を始めとする参加者が書き残した追慕録なども拝見し、大佛とのつながりのヒントをいただきました。
b0134195_16351310.jpg

直木の墓の前で記念撮影。ちなみに直木の墓の隣には、第89回直木賞受賞者の胡桃沢耕史の墓があります。

さらに散歩は続きます。長昌寺からすぐの所、昔の海岸線の海際に真言宗御室派の花翁山慶珊寺(けいさんじ)に伺います。こここそは、直木三十五が土地を借りて家を建てた場所でもあり、当初はこちらに墓もあったそうです。本堂に上げて頂き、ご住職と共に航空写真から今昔の富岡を見比べます。
b0134195_16365837.jpg

さらには、ご本尊も拝見させていただきました。

その後、直木三十五旧宅跡に立ち寄り、ここで内海先生より、建てた家の造りの面白さや、直木の晩年の様子を伺いました。
b0134195_16374756.jpg

最後は波除八幡として有名な富岡八幡宮で解散。散歩は無事終了しました。
ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。
[PR]
by ojmm | 2016-11-01 08:54 | イベント