横浜・港の見える丘公園内にある、大佛次郎記念館の最新情報


by 大佛次郎記念館
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:展示( 52 )

9/21(水)~11/13(日)、特別展示「絵になった音」の関連事業として、大佛次郎旧蔵SPレコードをデジタル音源化し、5回に分けて公開しております。

■ 第5回:11/8(火)~11/13(日)

● ヴェルディ
・椿姫(前奏曲、第1幕、第3幕)

 指揮者
 アルトゥーロ・トスカニーニ

・椿姫(Vol. 2 - Part 17 to 28 )

 指揮者
 カルロ・サバーニョ

貴重な音源ですので、ぜひこの機会にご来館下さい!
[PR]
by ojmm | 2016-11-04 16:00 | 展示
9/21(水)~11/13(日)、特別展示「絵になった音」の関連事業として、大佛次郎旧蔵SPレコードをデジタル音源化し、5回に分けて公開しております。

■ 第4回:10/25(火)~11/6(日)

● プロコフィエフ
・交響曲第1番 ニ長調 「古典」
指揮者 クーセヴィツキー

● ストラヴィンスキー
・ペトルーシュカ
指揮者 ストラヴィンスキー

● ヨハン・シュトラウス2世
・美しく青きドナウ
指揮者 ストコフスキー

● リスト
・ハンガリー狂詩曲
演奏家 アルフレッド・コルトー(Piano)

● ウェーバー
・舞踏への勧誘
指揮者 ストコフスキー

貴重な音源ですので、ぜひこの機会にご来館下さい!
[PR]
by ojmm | 2016-10-23 18:02 | 展示
9/21(水)~11/13(日)、特別展示「絵になった音」の関連事業として、大佛次郎旧蔵SPレコードをデジタル音源化し、5回に分けて公開しております。

■ 第2回:10/1(土)~10/10(月)

● ヴェルディ
・アイーダ(第2幕~第4幕)

指揮者
 カルロ・サバーニョ

■ 第3回:10/12(水)~10/23(日)

● ドヴォルザーク
・交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界」より

● ラヴェル
・ソナチネ
・ボレロ

貴重な音源ですので、ぜひこの機会にご来館下さい!
[PR]
by ojmm | 2016-10-08 10:23 | 展示
9/21(水)~11/13(日)、特別展示「絵になった音」の関連事業として、大佛次郎旧蔵SPレコードをデジタル音源化し、5回に分けて公開しております。

■ 第1回:9/21(水)~9/30(金)

● ショパン
・エチュード 作品10-3 ホ長調 「別れの曲」
・ワルツ 第6番 変ニ長調 作品64-1 「小犬のワルツ」
・プレリュード第15番 変ニ長調 「雨だれ」
・ポロネーズ 第6番 変イ長調 「英雄」

演奏家
 アルフレッド・コルトー(Piano)

■ 第2回:10/1(土)~10/10(月)

● ヴェルディ
・アイーダ(第2幕~第4幕)

貴重な音源ですので、ぜひこの機会にご来館下さい!
[PR]
by ojmm | 2016-09-29 13:50 | 展示
横浜音祭り2016パートナー事業として、ポール・ルヌアール版画集『動き、身振り、表情』より、「音」に関連した版画「モンテ・カルロ歌劇場指揮者アルトゥーロ・ヴィーニャ」と、英国近衛軍楽隊を描いた「国王陛下万歳」(初公開)を特別展示します。

また当館が所蔵する大佛次郎旧蔵のSPレコードを、デジタル音源化して公開しております。
大佛次郎が親しんだ「音」を、より身近に感じながらお楽しみください!

展示期間:9月21日(水)~11月13日(日)
b0134195_15374753.jpg

「モンテカルロ歌劇場指揮者アルトゥーロ・ヴィーニャ」
版画集『動き、身振り、表情』(1907)より
[PR]
by ojmm | 2016-09-23 15:41 | 展示

大佛次郎と花森安治

銀座西八ノ五日吉ビルというと、どんな場所か分かりますか?大橋鎮子と花森安治が「衣装研究所」で『暮しの手帖』を編集していたのが、このビルです。NHKの朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』をご覧の方は、ピンとくるのではないでしょうか?
実は、大佛次郎の主宰する「苦楽社」も、一時期同じビルの中にあったのです。
大佛次郎が苦楽社から出版した単行本『新樹』の装丁は、花森安治が担当していました。また、『暮しの手帖』では、大佛次郎が文章を寄せています。
『苦楽』と『暮しの手帖』、異なる二つの雑誌の中に見る、二人の接点にスポットを当てました。
展示期間:~平成28年11月27日(日)まで

b0134195_16291538.jpg

ぜひこの機会にお越しください!
[PR]
by ojmm | 2016-09-04 16:29 | 展示
横浜フランス月間2016 関連プログラムとして、フランスの画家・版画家ポール・ルヌアール(1845-1924)の版画集『動き、身振り、表情』(1907)より、子どものあそびをテーマにした版画6点を初公開します。

ポール・ルヌアールは、19世紀末から20世紀初頭のフランスで人気を博し、1889年と1900年のパリ万博では金賞を受賞するなど、その芸術性には高い評価を得ていました。

次回のテーマ展示「瞬間を切り取る画家 ポール・ルヌアール」にさきがけた公開となります。ぜひこの機会に20世紀初頭のフランスのあそびと、子どもたちが楽しむ様子をご覧ください。

開催期間 6月11日(土)~7月10日(日)
展示箇所 2階特設コーナー
b0134195_17274045.jpg

「輪遊びをする少女 後方」
ポール・ルヌアール版画集『動き、身振り、表情』(1907)より
[PR]
by ojmm | 2016-06-05 17:31 | 展示
現在開催中のテーマ展示「星の抱影と弟・大佛次郎」関連企画として海部宣男氏(国立天文台名誉教授・国際天文学連合(IAU)顧問)をお招きし、特別講演会「日本人の星と宇宙」を開催しました。
b0134195_12224017.jpg

b0134195_1223072.jpg

会場:横浜人形の家 あかいくつ劇場

当日は100名を超えるお客様に起こしいただきました。同展覧会は3月13日(日)迄開催中です、皆さまのご来館をお待ちしております!
[PR]
by ojmm | 2016-01-16 18:15 | 展示
イベントに参加してくれた方に、オリジナルはがきプレゼント!
「磯貝宏國コレクションVol.1 鞍馬天狗ワンダーランドー映画のたのしみ」展

b0134195_18021750.gif

(c)Ryoko Ito


くらまくんプロフィール

なまえ…くらまくん

生まれ…なぞにつつまれている

趣味…つり

好きな食べ物…おにぎり

・幕末の京都、江戸、横浜などの街で困っている人たちの力になろうと活躍する。

・二〇一五年三月から、大佛次郎記念館のオリジナルキャラクターとなる。


現在、開催している「磯貝宏國コレクションVol.1 鞍馬天狗ワンダーランドー映画のたのしみ」展で、くらまくんになったつもりで好きなことばを書いてくれた方に、オリジナルくらまくんはがきをプレゼントしています!会場では、くらまくんと一緒に写真をとろうコーナーもあります。

[PR]
by ojmm | 2015-05-08 18:12 | 展示
現在、大佛次郎記念館では約1万点に及ぶ「鞍馬天狗」コレクションの寄贈を記念する展覧会を開催しています。磯貝宏國氏が生涯をかけて蒐集したコレクションのなかでも特出すべき映画資料をもとに、なぜ鞍馬天狗の映画が大正末から昭和初期にかけて総数63本もつくられたのか、その魅力を原作とともに読み解きます。戦前、戦後を通し花開いた「鞍馬天狗」の多彩な魅力を伝える、映画ポスターやちらし、日光写真やセルロイドのお面、メンコなどを展示しています!
b0134195_17451079.jpg
      磯貝宏國氏        昭和中期のメンコ
     1943-2012年
b0134195_12440083.gif
会場には、自称!「鞍馬天狗」林家木久扇さんの描き下ろしエッセイを展示しています。みなさん、お見逃しなく!
b0134195_12444710.jpg
映画「鞍馬天狗」ポスター(1928年/寛寿郎プロ)
[PR]
by ojmm | 2015-04-30 15:51 | 展示