横浜・港の見える丘公園内にある、大佛次郎記念館の最新情報


by 大佛次郎記念館
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 23 )

さる109日は、大佛次郎の120回目のお誕生日でした。作家で神奈川近代文学館館長の辻原登氏を講師にお招きし「物語作者大佛次郎」と題する記念講演会を開催しました。
歴史とは何か、物語を紡ぐということは何を意味することなのか、という大変大
きなテーマでしたが、「天皇の世紀」における、吉田松陰と河井継之助という二人の人物の描き方、大佛次郎の叙述の仕方を具体的に語って下さったことで、そこに登場する人間に命を吹き込む「物語作者」としての大佛次郎と、作品の魅力を大いに感じることができました。講演後「天皇の世紀」を読んでみたくなった、という声があちらこちらから聞こえていました。
ご来場下さったみなさま、講師の辻原先生、本当にありがとう
ございました。

b0134195_14545891.jpg


[PR]
by ojmm | 2017-10-18 14:55

栃木県那須郡那珂川町にある那珂川町馬頭広重美術館で開催中の「大佛次郎と501匹の」に、大佛次郎記念館の猫コレクションが出張中です。歌川国芳の「其そのまゝ地口猫飼好五十三疋」をはじめとする、浮世絵とその解説は必見です。さらに、大佛次郎記念館では未出品の『スイッチョねこ』安泰・朝倉摂原画も多数公開予定です。
また、大佛次郎生誕120年を記念し、鞍馬天狗ポスターなど、大佛次郎の業績を振り返る展示も行なっています。
美術館ならではの、文学館とはまた一味違う展示で、新しい大佛次郎の魅力に出会えるかもしれません。当館で見逃した猫コレクションがある方も是非!


秋季特別展 「大佛次郎と501匹のねこ」
前期:平成29915日(金)~1022日(日)
後期:平成291027日(金)~1126日(日)

大佛次郎記念館職員による講演会も開催します。こちらも、お見逃しなく!

講演会「作家・大佛次郎とねこ」

講 師:大佛次郎記念館研究室員 金城瑠以氏

日 時:1015() 1330分~

参加料:無料 


那珂川町馬頭広重美術館

324-0613 栃木県那須郡那珂川町馬頭116-9

Tel: 0287-92-1199/FAX: 0287-92-7177


[PR]
by ojmm | 2017-09-27 09:49

2017年は、大佛次郎生誕120年記念として、大佛次郎の人となりに光を当てた展示やイベントを開催しています。

今回のおさらぎ選書第25集では「大佛次郎生誕120年」と銘打ち、戦後まもなく学生向けに発行した雑誌「學生」を取り上げます。
雑誌「學生」では、執筆の多くは大佛次郎以外の手によるものなのですが、「鎌倉通信」と題した大佛次郎の短いエッセイが毎号掲載されており、今回はそのために執筆した原稿から、大佛次郎の初公開のものを含めた3編のエッセイを収録しています。

 ●「若い人達に―鎌倉だより―」(1946.1月号「學生」創刊号に掲載 初公開作品。)

 ●「日本の松の木」(この作品は『鎌倉通信』のために執筆されながら、休刊となり未発表となった作品です。『大佛次郎随筆全集第3巻』(1974・朝日新聞出版刊)に収録されています。)

 ●「街を歩いて」(「学生」別冊「世界の文学」1949.4月号)

また、論文も次の3本を収録しました。

 ● 千葉大学教授の大原祐治氏による「若い人たちに向けて―雑誌「学生」と大佛次郎の戦後

 ● 加藤隆氏による「幻の地誌『横浜の世紀』を追って―大佛は宣言した。「開港百年に神奈川新聞で長期連載」

 ● 桐朋音楽大学教授の西原稔氏による「大佛次郎と音楽」

さらには、雑誌『學生』の書誌情報や、執筆者・画家作品を掲載しています。

b0134195_18123460.jpg
只今、大佛次郎記念館内のショップで、700円で販売中です! 


[PR]
by ojmm | 2017-06-29 18:15

6月18日(日)開催の大佛次郎生誕120年記念講演会『フランス第三共和政と大佛次郎』ですが、全て完売しました。

非常に好評をいただいておりますので、会場内に増席し、当日券として販売できる見通しとなりました。ただし、販売枚数につきましては、若干数となりますので予めご了承ください。

当日券をご希望の方は、6月18日(日)10:00~大佛次郎記念館の受付窓口にて販売いたします。即時売切れとなる可能性もございます。あらかじめご了承ください。


[PR]
by ojmm | 2017-06-08 11:47
6月18日(日)開催の大佛次郎生誕120年記念講演会『フランス第三共和政と大佛次郎』ですが、神奈川近代文学館の窓口販売分は完売しました。昨日より郵便振替の受付は終了しておりますので、今後の販売につきましては、ローソンチケット、大佛次郎記念館窓口のみとなります。どうぞご了承ください。また、6月1日発行号の広報よこはま中区版に当該講演会の記事掲載されましたが、その中に「当日券もあり」との誤った表記がありました。大佛次郎記念館の窓口販売分が完売となった場合には、当日券の販売がご用意できない可能性があります。チケットお求めの方は、事前のお求めをお勧めします。
[PR]
by ojmm | 2017-05-31 10:08

ルーヴル猫に異変が!?

記念館の正面玄関には、2匹の猫たちがお客様のお出迎えをしています。
正面から向かって右にあるのが、大佛次郎がルーブル美術館で買い求めたのと同じ猫の銅像なのですが、この猫にある日、異変が起こっていました。
これが、ある日の写真です・・・。
b0134195_16312098.jpg

ちょっと分かりにくいでしょうか?それでは、もう少し近づいた横からの写真を・・・
b0134195_16194664.jpg

猫の眼が飛び出しています!!
色も金色っぽくて、ちょっと怖いです。
誰かが面白がっておもちゃの眼を取りつけたのかとも思いましたが・・・
飛び出した眼を触ってみると、人間の手ではとても作れないほど薄い土の塊で、すぐに壊れてしまいました。

その後、ネットで調べてみるとどうやらトックリバチの仕業ではないかということになりました。
トックリバチは、巣を作ってその中に、卵を産み付けます。その後、幼虫の餌となる芋虫などを捕獲して仮死状態にしてから、一緒に巣の中に入れて蓋をするのだそうです。今回の巣は、まだ蓋もされておらず芋虫も入っていなかったので、作って間もないものだったようです。
自然の造形にしては、出来すぎです。びっくりでした。

実は今年、記念館は10月30日(日)に山手西洋館のハローウィンウォークに、スタンプチェックポイントの一つとして参加します。
もしかすると、それに備えて気の早いルーヴル猫が、一足早く仮装を始めたのかも知れませんね。(現在は、巣はありません。)
[PR]
by ojmm | 2016-09-14 16:36
港の見える丘公園内にあるバラ園のエリアは、平成28年4月1日より「イングリッシュローズガーデン」としてリニューアルいたしました。
b0134195_10172761.jpg

バラをはじめ、色とりどりの花が目を楽しませてくれます。
b0134195_9552390.jpg

b0134195_9554389.jpg

バラをご覧になった後は、ぜひ大佛次郎記念館にもお立ち寄り下さい!
b0134195_10184429.jpg

[PR]
by ojmm | 2016-05-09 09:17
続きまして・・・館内見学です。
地下の書庫には、大佛次郎が集めた本がたくさんあります。レバーを回して開ける本棚の仕組みに、みんな興味深々でした。
b0134195_9473218.jpg


記念室(大佛次郎の書斎を再現した部屋)には、ネコ(置物)がいっぱい!
b0134195_9511288.jpg


まだまだ館長のお仕事は続きます。
お昼ご飯の後は、いよいよ本格的な館長のお仕事のはじまりです!

受付のお仕事や・・・
b0134195_9525684.jpg


お客様に大佛次郎の紹介をしたり・・・
b0134195_10161042.jpg


紙芝居の司会をしたり・・・
b0134195_1019029.jpg


みんな、大活躍でした。お疲れ様でした!
また、大佛次郎記念館に遊びに来てくださいね!!
b0134195_10212697.jpg


横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
コドモのためのアート情報サイト ヨコハマ・コドモ・アートナビ
大佛次郎記念館公式サイト
大佛次郎研究会
[PR]
by ojmm | 2014-09-05 10:24
8月19日・20日の2日間、大佛次郎記念館では「子どもアドベンチャー2014 投票で決める!ぼく・わたしの大好きな猫」イベントが開催されました。

今回のツアーは、館内のあちこちにいる猫の置物の中から8匹の代表猫を探しながら、猫に関するクイズに答えるものでした。みなさん、一生懸命、クイズの答えを考えたり、猫を探してくれました。
b0134195_10411284.jpg


b0134195_10332943.jpg


b0134195_1034379.jpg


最後のゴールでは、代表猫の中から一番好きになった猫に投票をしてもらいました。
投票の結果・・・・一番人気の猫に選ばれたのは・・・



b0134195_10355535.jpg
こちら! ボール猫でした!

ツアーの前後には、スイッチョねこの感想画を描いてくれたお友達もたくさんいて、館内のスイッチョねこ感想画コーナーはますますにぎやかになりました。
ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました。

横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
コドモのためのアート情報サイト ヨコハマ・コドモ・アートナビ
大佛次郎記念館公式サイト
大佛次郎研究会
[PR]
by ojmm | 2014-08-21 10:42
 大佛次郎記念館2階展示室で、テーマ展示「パリ・コミューンとメディア―大佛次郎『パリ燃ゆ』,メディア,民衆―」を7月10日まで開催しています。

b0134195_10524851.jpg 大佛次郎『パリ燃ゆ』は、1871年3月、フランスの首都パリに誕生した革命的自治政府〈パリ・コミューン〉を題材にしたノンフィクション作品です。
 執筆にあたり大佛自身がフランスで蒐集した新聞など当館所蔵資料の中から、140年前の時代を映すカリカチュア(政治風刺画)、ビラ、ポスター、絵入り新聞など約40点を展示し、メディアと民衆について考察します。
(写真はベルタール Bertall 風刺画新聞「ル・グルロ Le Grelot(鈴)」より「ラウル・リゴー」)


横浜の文化情報が満載! ヨコハマ・アートナビ
大佛次郎記念館 施設案内
大佛次郎研究会
[PR]
by ojmm | 2011-04-16 10:55