横浜・港の見える丘公園内にある、大佛次郎記念館の最新情報


by 大佛次郎記念館
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

佐々木涼子著「大佛次郎と多元的宇宙」をブログでお読みいただけます!

今から2年前のことです。大佛次郎記念館では、平成27年度テーマ展示Ⅱ 「大佛次郎の愛した舞台-バレエも、歌舞伎も」を開催しました。この展覧会の関連イベントとして、横浜市主催の"Dance dance at Yokohama"と連携して行われたのが、2015923日の講演会「大佛次郎の世界 西洋と東洋、ことばと身体の十字路に立って」でした。

講師は、フランス文学者、舞踏評論家の佐々木涼子先生です。当日は多くの来場者に恵まれ、非常に好評を博した講演会でした。

このたび佐々木涼子先生が、その時のご講演内容に加筆され「大佛次郎と多元的宇宙」というタイトルでご自身のブログに紹介されていますので、ここにご紹介します。


佐々木涼子先生のブログは、こちらからご覧いただけます

【佐々木涼子先生・プロフィール】

フランス文学者、舞踊評論家、東京女子大学名誉教授

専門はマルセル・プルースト研究、舞踊論。幼少時よりクラシックバレエを学び、のち東京大学在籍中に日本舞踊を始める。身体と言語双方の表現手段を有する数少ない舞踊評論家の一人。著書は『ロマネスク誕生プルーストの文学をめぐる七章』芸立出版 1991、『これだけは見ておきたいバレエ』新潮社 (とんぼの本) (瀬戸秀美写真) 1996、『バレエの宇宙』文春新書 2001、『バレエの歴史 フランス・バレエ史宮廷バレエから20世紀まで』学習研究社 2008など多数。



2015年9月23日の講演会の様子
b0134195_16524064.jpg
b0134195_16551082.jpg






[PR]
by ojmm | 2017-08-13 10:16 | トピックス